見えない矯正

マウスピース型矯正装置の概要

マウスピース型矯正装置はご自身の歯列に合わせて作成した透明なマウスピースを段階的に使用していく治療方法です。
一日20時間以上の使用が必要となりますが、装着時の違和感も少ないため発音にもほとんど影響しません。
とにかく目立ちにくく、ワイヤーの矯正装置のように歯に直接つけておこなう矯正よりも普段の私生活で支障が出にくいため矯正期間中も快適に過ごすことができます。
しかし、症例によってはマウスピースでの改善が難しい場合もあります。

マウスピース型矯正装置のメリット

  • 目立たない
  • 食事が取りやすい
  • 発音に支障が出ない
  • 歯の清掃がしやすい

マウスピース型矯正装置のデメリット

  • 症例により治療に不向きな場合がある
  • 患者様のご協力次第で矯正期間が延びることもある
  • マウスピースの紛失により、治療が中断するリスクがある

マウスピース型矯正装置は透明で目立たず患者様ご自身が取り外しできることが最大のメリットとなります。歯に直接つける矯正のようにブラッシングが大変になったり、しゃべりづらさを感じることはありません。
ですが、マウスピースを外した後に紛失する、外す時間が長すぎて治療計画通りに治療が進まないこともあります。

マウスピース型矯正装置(アソアライナー)とマウスピース型矯正装置(インビザライン)をご用意しています

マウスピース型矯正装置は取り扱うメーカーによって適応症例が異なります。
当院ではマウスピース型矯正装置(アソアライナー)とマウスピース型矯正装置(インビザライン)を使用してマウスピース型矯正装置を行っています。
その二つについてご紹介いたします。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)の概要

マウスピース型矯正装置の中では一番治療実績が多いものになります。治療の準備段階に3D治療シミュレーションがあり、治療終了後の歯並びをご自身でチェックできる利点があります。
治療終了後のイメージを確認、同意したら米国の工場にマウスピースを発注します。
米国にデータを発送したりマウスピースを郵送してもらうために治療開始するまでに時間がかかってしまう点がデメリットになります。

マウスピース型矯正装置(アソアライナー)の概要

メイドインジャパンのマウスピース型矯正装置になります。
マウスピース型矯正装置(アソアライナー)は治療工程に10〜15ステップかかるのですが、その都度歯型をとり新しいマウスピースを発注します。
毎回歯型を取り直すため、次の新しいマウスピースが届くまでのタイムラグは生じますが、マウスピース型矯正装置(インビザライン)よりも患者様の治療状況に沿った治療をおこなうことができます。

どちらのマウスピース型矯正装置が患者さんにあっているかはきちんと検査・診断をして判断していきます。

マウスピース型矯正装置のポイント

マウスピース型矯正装置はその手軽さや患者様自身矯正していることを忘れるほどの見た目の良さと私生活になじみやすい点がマウスピース型矯正装置を希望する方が増えているポイントかと思います。
ですが、取り外しができるマウスピース型矯正装置はきちんと決められた時間装着し続けなくては矯正期間が延びてしてしまうことも多々あります。

マウスピース型矯正装置はご自身で取り外しができるため、患者様の協力なしでは良い結果を出すことができません。
きちんとご自身で歯並びを良くしようという意思を持ち、1日20時間は装着し続けることがマウスピース型矯正装置を成功させるポイントになります。

マウスピース型矯正装置は診断と計画がとても大切です

マウスピース型矯正装置は、通常のワイヤーを使った矯正治療とくらべて患者様ご協力やドクターの診断力が大きく影響する治療法です。
是非一度相談にお越しいただき、ご自身のお悩みをマウスピース型矯正装置で解消できるかどうかを一緒に考えてきましょう。