叢生・乱杭歯・八重歯

このようなお悩みをお持ちの方へ

叢生・乱杭歯・八重歯

  • 歯のでこぼこを治したい…
  • 歯のガタガタを治したい
  • 歯が重なっているのを治したい…
  • 歯磨きがしにくい
  • 八重歯を改善したい…

歯のでこぼこ(叢生・乱杭歯・八重歯)の原因

歯のでこぼこ(叢生・乱杭歯・八重歯)の原因は、顎と歯の大きさの不調和な関係にあります。
顎が小さいことに対して歯が大きい場合に、歯の正しく並ぶのに必要なスペースがなくなってしまった結果、歯並びがでこぼこになってしまいます。
また乳歯が早期に抜けてしまった場合にもその空間に左右の歯が移動し、生え変わる永久歯のスペースを奪ってしまうケースもあります。

歯のでこぼこ(叢生・乱杭歯・八重歯)に適している治療法

小児の場合

取り外し式の装置を使用して、顎を広げる治療をおこない永久歯の生えてくるスペースを確保していきます。

成人の場合

歯列を拡大したり、奥歯を後方へさげてスペースをつくり凸凹を整えていきますが、重度の場合は抜歯が必要になります。

【成人】抜歯をして治療したケース

女性 20代

治療前

治療前

治療前

治療前

治療後

治療前

治療前

治療前

患者様の主訴 歯のでこぼこが気になる
治療方法 表側ワイヤー
治療完了までの期間
価格 600,000円
患者様の声 歯並びがコンプレックスだったので最終的に自分がなりたい姿になることが出来て良かったです。本当にありがとうございました。

【成人:八重歯】八重歯が改善されたケース

女性 20代

治療前

治療前

治療前

治療前

治療後

治療後

治療後

治療後

患者様の主訴 八重歯が気になる…
治療方法 上顎を広げる矯正治療+表側ワイヤー
治療完了までの期間 4ヶ月+10ヶ月=1年2ヶ月
価格 600,000円
患者様の声 どうしても歯を抜きたくなかったのですが、歯を抜かない中で理想の歯並びを実現してくださって感謝しています。ありがとうございました。